開封率・反応のよいタイトルの付け方

投稿日:

メルマガを運営していく上で一番頭を悩ませる事
それは開封すらされない事です。

メルマガの購読者に毎回必ずメールを開封してもらう事が
まず一番最初の関門であり、難問でもあります。

どうしたら開封してもらえるか
どうしたら読んでもらえるか

について解説します。

 

どうしたらメールを開封してもらえるか

メールが届いて一番最初に目にするのが件名です。
この件名がが気になる文章でなければ開封してもらえません。

件名は14文字位が良いでしょう。

ちょっと気が引けるかもしれませんが
多少煽り気味なタイトルにする事で
かなり開封率は変わります。

例えば下記の4点は有効です。

  • 具体的な数値を入れる
  • ベネフィットを与える文章を入れる
  • 不安を煽る文章を入れる
  • 感情を煽る文章を入れる

具体的な数値とは

【○○でNO.1】
【○○でおすすめの○○3選】

など具体的な数字を入れるとつい見てみたくなります。

 

ベネフィットを与える文章とは

【今まで稼げなかったあなたに朗報】

【もうダメだと諦めたあなたに】

【9,800円が今なら無料!】

【【無料】バカ売れキーワード集100選】

など悩みなどの感情に訴えかけ悩みが解決出来るかも
しれないというベネフィットを与える事で
開封へと誘導します。

 

不安を煽る文章とは

【○○さんは間違ったやり方していませんか?】

【○○さんは大丈夫ですよね?】

など えっ?なんだろうと不安にさせて
クリックしてもらう方法です。

 

感情を煽る文章とは

【○○さんへ最後のご案内です。】

【どうせ見てもらえないでしょうが・・・】

【すごく悔しいです!】

あまり使わないですが、これも有効です。
ただ連発すると本当に見てもらえなくなるのでご注意を!

 

まとめ

  • セールス臭を出さない
  • 出来るだけ短い件名にする
  • 時には友人からかと勘違いさせる件名にしてみる
  • 具体的な数字を提示して興味を引く
  • 不安を煽った心理テクニックを使う
  • 感情を煽った、読者を挑発する様な件名を使う

旬なネタに絡ませた件名にするのも有効ですね。

是非色々試してみて下さい。

そして反応率は必ずまとめる様にしましょう。

そんな件名が開封率がいいかあなた自身で
分析すると後々必ず役に立ちます。

 

-Mail Magazine, Writing Skill
-, ,

Copyright© NAK , 2019 All Rights Reserved.