究極のニーズに応えなければ価値は無い

投稿日:

どんなビジネスにも共通し根幹とも言える
ニーズについて書きたいと思います。

当コンテンツのテーマであり一番お伝えしたい
内容でもあります。

 

究極のニーズとは

ニーズ=需要を意味します。

そして究極のニーズとは究極の需要です。

ほぼすべてのビジネスにおいてニーズが
無ければ成り立ちません。

よく使われる言葉で需要と供給と言われますが
まさにそのままです。

究極のニーズを探る為にこぞって
市場調査に大金をはたいている企業も多くあり

どれだけ重要な事かわかります。

特に競合が多いブロガーなどの
情報発信者にとって究極のニーズに
応えられるかで稼げるかどうか決まります。

 

ニーズの先に見える究極のニーズ

ニーズは人ぞれぞれ異なります。

究極のニーズも勿論異なります。

人それぞれの究極のニーズがあるからこそ
同業種の店舗があっても成り立っています。

その店舗それぞれが異なるニーズに応えているからです。

 

ではインターネットビジネスでよくある以下の例を見てみましょう。

 

要求1 副業で稼ぎたい
真の要求1 毎月10万円でも収入にプラスしたい
要求2 借金を返したい
真の要求2 直ぐにお金が欲しい

どちらのニーズも【お金が欲しい】ですが

毎月数万円のお小遣いが欲しい人と
今すぐに返済のお金が必要な人では全く違います。

これがニーズの先に見えてくる究極のニーズです。

 

ではニーズに応える側のアプローチはどうでしょう。

〇要求1への解決方法提案

毎月2記事をコツコツ書くだけで
安定的に5~10万円稼ぐ方法!
※毎月安定した副収入が欲しいという需要を生み出したい。

〇要求2への解決方法提案

誰でも簡単にノーリスクで今すぐ10万円を稼ぐ方法!
※即金が欲しいという需要を生み出したい

 

この様に大枠のニーズが同じでも究極のニーズは
人それぞれ異なり、それに応える供給側も
それぞれアプローチが異なります。

同じインターネットネットビジネスを題材にした
情報発信ブログが乱立していても、それぞれ収入を
得る事が出来ている理由がこれです。

多くの悩みにそれぞれ応える情報がある。

 

まとめ

究極のニーズに応える事が出来なければ
ただ埋もれえ行ってしまうだけです。

勿論稼ぐ事も出来ません。

究極のニーズに応える事は
その人の悩みや問題を解決する事

その対価として報酬が発生する

これこそビジネスなのではないでしょうか

 

-WEB Marketing
-, , , , ,

Copyright© NAK , 2018 All Rights Reserved.