Google AdSense(グーグルアドセンス)申し込み方法

更新日:

クリック型広告であるGoogle AdSense(グーグルアドセンス)を
利用する為には厳しい審査を通過しなければなりません。

Google AdSenseの審査が通ればブログに広告を貼って収益化する事が出来ます。

今回はGoogle AdSenseアカウントの作成を解説していきます。

Google AdSense(グーグルアドセンス)申し込み前の準備

ドメインとレンタルサーバー、ブログを用意します。

最近では無料ブログサービスでのGoogle AdSense審査が通りにくくなっており
近年中には無料ブログサービスでの審査は通らなくなる可能性もありますので
レンタルサーバーを借りてブログを立上げ
そこに記事を書いてから申し込みする事をおすすめします。

審査通過する為のポイントは以下になります。

  1. コピペ文章は絶対にNG
  2. 最低でも1記事で500文字以上を書く(1000文字推奨)
  3. 出来るだけ読み手が分かりやすいように、見出しなども含めて書く
  4. 画像や動画は使わない
  5. 広告は一切載せない
  6. 趣味や日記の様な記事を10記事書く
  7. 申請後も2次審査までに毎日1記事追加する

 

Google AdSense(グーグルアドセンス)申し込み

googleアカウントの申し込みをするには
googleアカウントが必要です。

まだgoogleアカウントを作成していない場合は
先に作成しましょう。

まず、Google ChromeでGoogle AdSenseと検索して
下のページに移動します。

最初にgoogleアカウントでログインして下さい。
ログインしてから下のページへ移動します。

Google AdSense

お申込みはこちらをクリックします。

 

Google AdSenseの申し込み情報を入力

下の画面に移動しますので、あなたのウェブサイトの情報等を
入力してください。 入力し終わったらアカウントの作成をクリックします。

 

利用規約の同意

利用規約の同意が画面が表示されるので、チェックを入れてアカウントを作成をクリックします。

 

支払先住所の詳細項目の入力

次のページで個人情報を入力します。
会社での登録も可能です。
全てを入力したら送信をクリックします。

 

ウェブサイトに貼り付けるAdSenseコードを確認コピー

あなたのウェブサイトに審査で使用する為の
adsenseコードを追記します。

②の<head>タグと</head>タグの間に下のコード部分を
コピーして貼り付けます。

 

テーマにAdSenseコードを貼り付ける

コードの貼り付けはWordPressの管理画面にログインして
メニューの外観⇒テーマの編集をクリックします。

テーマの編集ページの右側メニューに【テーマヘッダー】や
【header.php】の項目があるので、クリックします。

 

 

下の画像の様に<head~>の下に先程のコードを貼り付けます。

<head~>のすぐ下で構いません。
文章の途中に入れてはいけません。
<head~>
ここにコードを貼り付けます。
<meta~>

貼り付けが完了したら更新ボタンをクリックして保存します。

保存したらAdSenseページに戻って【完了】ボタンをクリックします。

クリックすると下の画面が表示されますので、審査完了まで待ちましょう。

以上で申請は完了です。

 

審査結果の確認

数日で審査結果がメールにて送られてきます。

メール内のご利用開始をクリックしてましょう。

広告設定

アカウントが有効化されるので広告設定に進みます。

 

チュートリアルが表示されるので次へをクリックし
中途リアルを確認

 

チュートリアルが終わると終了ボタンが表示されるので
終了をクリックします。

 

広告ユニットの作成

広告設定から広告ユニットをクリックし
新しい広告ユニットをクリックします。

広告の種類は下の3種類です。

  1. テキスト広告とディスプレイ広告
  2. インフィード広告
  3. 記事内広告

まずは1のテキスト広告とディスプレイ広告を選択します。

 

新しい広告ユニットの作成

広告ユニットに名前を付けます。
次に広告サイズを選択します。

今回は自動サイズを選択します。

 

テキスト広告のスタイル

ここでは広告スタイルのカスタマイズが出来ます。

今回はデフォルトのまますすみます。

 

カスタムチャンネル

次の項目はカスタムチャンネル項目ですが、
最初は何も設定せずに進みます。

複数サイトの運営や広告を使い分けたい場合は
ここで設定します。

 

表示可能な広告が無い場合の設定

ここはデフォルトのままで構いません。

保存してコードを取得をクリックします。

 

広告コードのコピー

広告コードが表示されるので、コードをコピーしてウェブサイトに設定します。

ウィジェットへ広告を設定

WordPress管理画面の外観⇒ウィジェット⇒テキストをクリック

 

テーマによって表示は違ってきますが
どの場所にテキストウィジェットを追加するか決定します。

今回はトップページのサイドバーへ追加します。

 

サイドバートップの項目にテキストが追加されました。

テキストをクリックしタイトルにスポンサーリンクと入力します。

テキストエリアに先程の広告コードを貼り付けます。

この表示もテーマによって変わってきますが
ビジュアルタブとテキストタブがある場合は
テキストタブを選択してから貼り付けてください。

貼り付けたら保存をクリックして完了です。

 

この様に表示されれば完了です。

 

以上で広告設定は完了です。

広告を貼る位置は様々ですが
1ページに貼り付けられる広告数は3個までです。

スマートフォンなどの携帯端末用には別設定できる
テーマもありますので、テーマごとに
設定を確認しましょう。

 

 

 

 

-Web Tools
-, ,

Copyright© NAK , 2019 All Rights Reserved.