Google Search Consoleへのサイト登録とサイトマップ送信

更新日:

Googleウェブマスターツールにあなたのサイトを登録し
更新情報を送りましょう。

 

Google Search Consoleへサイト登録

メインで使用しているGoogleアカウントに
ログインした状態で下のリンクをクリックします。

Google Search Console

https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

Google Search Consoleを開くと下の画面が開きます。

 

プロパティの新規追加(サイトの新規追加)

Google Search Consoleを開いて【プロパティを追加】をクリック

下の画像の様にウェブサイトのURL入力欄が表示されるので
フルURLを記入し追加をクリック

Google Search Console

所有権確認HTMLファイル

次の画面んで入力したURLの所有権確認に移ります。

下の画像を参考に確認HTMLファイルをダウンロードして
サーバーへアップロードします。

ファイルマネージャーで確認HTMLファイルをアップロード

エックスサーバーのインフォパネルにログインして
あなたの独自ドメインが記載された欄の一番右側の
ファイルマネージャー項目のログインをクリックします。

 

ログインすると所有ドメインが一覧で表示されますので
今回所有権確認を行うドメインをクリックします。

 

 

次の画面で【public.html】をクリックします。

 

画面右側のファイルアップロード枠内の
ファイル選択をクリックし、先ほどダウンロードした
確認用HTMLファイルを選択しアップロードをクリックします。

 

ファイルのアップロードが完了したら
Google Search Console画面に戻ります。

私はロボットではありません。にチェックを入れて
確認をクリックします。

 

確認が正常に完了すると下の画面の様に表示されます。
続行をクリックして完了して下さい。

 

続行をクリックすると画面が切り替わり
Google Search Consoleのダッシュボードが表示されます。

 

 

サイトマップの送信

サイトマップを送信します。
Google Search Consoleの左側メニューから
サイトマップを選択します。

 

サイトマップの追加テストをクリックします。

 

サイトマップURLを入力します。
(Google XML Sitemapsプラグインを
インストールしている事を前提に下の画像では
URLを入力しています。)

Google XML Sitemapsプラグイン
がインストールされている場合は【sitemamp.xml】が
デフォルトのURLですのでこのままで大丈夫です。

入力したらテストをクリックし
テストで問題なければ送信をクリックします。

 

完了すると画面が切り替わり下の様な画面に切り替わります。
以上でサイトマップの送信は完了です。

 

Fetch as google

再度クロールさせたい場合は【Fetch as google】をクリックし
再度クロールさせたいURLを入力し【取得してレンダリング】を
クリックしてクロールリクエストします。

エラーなどがないか確認もできます。

空白で【取得してレンダリング】をクリックすると
サイト全体を再度クロールリクエストします。

 

以上でSearch Consoleの登録とサイトマップの送信は完了です。

お疲れ様でした。

 

-Web Tools
-,

Copyright© NAK , 2018 All Rights Reserved.