ブログでなるべく使わない方がよい表現

更新日:

あなたのブログやWEBページの読者への
言葉遣いや表現に気を使えていますか?

若い方でも社会人であれば当たり前の事
ビジネスマナーはWEB上でも必須です。

 

 

不特定多数の人に届ける言葉は1対1より気を使うべき

インターネット上ではリアルビジネスの様に1対1で
商談したり出来ない分、1対多となり
レバレッジが効きますが、不特定多数の
方々にあなたの言葉を届ける事になります。

 

受け取り側はあなたの考えている受け取り方をするとは限らない

受け取り側(読者)によっては不快に感じたり
する言葉や表現があると自覚して書かなければなりません。

インターネットビジネスを教えるコンサルやコーチングを
志すなら幼稚な表現は避けるべきなのは言うまでもありません。

例えば

「僕」⇒「私」

よく僕はと書いているブログを見ますが
私の個人的な意見ではその人から何かを買いたいとは思えないです。

勿論ブログの内容によっては、全然気にならない場合も
ありますが、基本的には私はNGです。

ゲームやおもちゃを題材にしたブログなら何ら問題ないでしょう。

 

少し工夫するだけで変わる表現

対象となる読者が目の前にいると思って
書く事が自然に文章が書けるのではないでしょうか?

どんな相手に伝えたいか、そして伝えたい相手が
目の前で聞いているかの様に(想像で)書くことで
言葉や表現も変わってくるはずです。

 

当たり前の様で、意外と出来ない事が多いので

是非日々意識して記事作成に取り組んでいただけたらと思います。

 

-Writing Skill
-,

Copyright© NAK , 2019 All Rights Reserved.